2009年11月08日

少年サンデー 2009 49!でございます。

遅ればせながらの、サンデーの感想でございます。(;^_^A

放置&遅れた分、ちょっとフォーより増えてます。(;^_^A



『 ツール! 』

自転車が大好きで、よくご存知の方は、余計に面白かったんじゃないでしょうか。
初回、楽しんで読みました。o(^-^)o
次回、おじいちゃんの反対が描写されるのでしょうか?
この先どう展開していくかで、盛り上がるのか、乗り損ねるのか、が極端に出そうな気がします。



『 結界師 』

毎度の事ながら、術者の能力についての設定や描写に奥行きがあって、説得力が有ります。
能力にイメージを持たせる、とか、本当にそのまま使えそう(笑)。
それから、良守が蒼士君の面倒を全力で見ている描写、本当に心が温まります。
きっと、この関わりが、このまま蒼士君に人間らしい心を育んでくれるでしょう!
正守さんは、やはりいつも、ギリギリの危険な役目を、自ら負っていくんですね。
どうか、正守さんの身に、恐ろしいことが降りかかりませんように…!!と、いつものことながら、祈ってしまいます。



『 史上最強の弟子ケンイチ 』

さ、逆鬼センセ、電話くらい出ましょうよ、と思ったのは、私だけではないハズです(笑)。(;´▽`)
紀伊陽炎、女の人は全員 「 みっちゃん 」 らしいことに笑いましたが(…というか、みっちゃんというのは元々は美雲さんを指していたのだろうか(笑))、ケンちゃんに何かするのかしらん??
この人、不思議と憎めないんですよね。何ででしょ??(;´▽`)



『 境界のRINNE 』

こういう、ちょっと不気味な描写からコミカルな雰囲気も織り交ぜる、という手腕も、本当に高橋先生は素晴らしいですよね〜。
次回、のっぺらさんの正体が楽しみです!!



『 絶対可憐チルドレン 』

フェザーの正体が、益々 謎ですね、興味をそそられます!
そんな凄いエスパーを、どうやって、ブラックファントムは手に入れたんでしょう???
そこにこの展開??パンドラのメンバーも絡んでくるのかしらん??
兎に角、次回も楽しみです!



『 ジオと黄金と禁じられた魔法 』

ショック…!!!( ̄□ ̄;)
やっぱ これギンじゃん、ギンなんじゃん…!!(ToT)
物語的には絶対そうだとは思ってましたが、それでもショックでした。
なんで こういうことになったんでしょう??
リィンも その事情に絡んでいるのでしょうか…??
兎に角、ショックで絶句でした。(つДT)
その事情や過程の描写なんかもモチロン楽しみなんですが。



『 月光条例 』

藤田先生の作品って、尻上がりに臨場感が増していって面白くなっていきますよね。
そっれにしても、この きびだんご?!
気絶するほど美味いって、どんなんなの?!(゜ロ゜;) ドキドキ…!
次回、月光が大暴れしてくれる描写が楽しみです!!



『 金剛番長 』

オウ〜〜!
帰って来てくれると思ってました、マシン番長!!
良かったね、月美ちゃん!(ToT)


そんなこんなで、あ〜〜、もう明日ジャンプを楽しめるのではありませんか(笑)。
ヤバイ ヤバイ!!(;´▽`)

posted by 水月 雪勢 at 23:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

少年ジャンプ 2009 49!でございます。

ああ、久々の更新、今回はピックアップ☆ワンではなく、出来る限り、なんて思って頑張って書いてたのに、途中で間違った操作をしてしまい、感想が全部飛びました。(ToT)

ガックリでございます。
気を取り直して もう一度…。(ToT)



『 NARUTO 』

サクラちゃん、この嘘は痛い、痛すぎます。
そんな哀しい嘘つかないで。
ナルトにコレは…通用しないよ。(ToT)


『 ONE PIECE 』

この怒濤の展開の中で、道化のバギーがイイ味出してます(笑)。
ただ…、この最後の衝撃的展開…!
更に混迷する この状況下で、ルフィどう出るんだろう…??


『 バクマン。 』

この作品の、登場人物の厚み、というか、説得力には毎回毎回 脱帽です。
港浦さんの人間描写、苦悩する蒼樹さんの描写、素晴らしいです。
ことに、蒼樹さんは、今までは お高くとまった印象でしかありませんでしたが、こういう臨場感溢れる描写が入るので、即座に共感出来ます。
シュージンと蒼樹さんの協力が、素晴らしい結果を生むことを期待します!!


『 ぬらりひょんの孫 』

人と自分を比べては、自分の方が優位に立ちたい、あるいは立っている等と いちいち主観的判断を下すのは、邪念以外の何物でもない。
相手するのも面倒ですし、周りのものは大迷惑。
それを切に感じる展開です。
それとの対比で描かれる ゆらちゃん、それからその破軍、カッコイイです。
この当主が…素敵なんですよね〜!本当に魅力的です。
羽衣狐も、ぶったまげるほど恐ろしいくせに、ホンマにチョーカワイイんですよね、あくまでも外側(依代)は。(;´▽`)
このギャップがまた恐ろしいです。(;´▽`)


『 べるぜバブ 』

東条さん、どうやら有り余るエネルギーの向けどころを探している感じですね。
ベル坊&男鹿君との出会いが、きっと素晴らしいキッカケになるに違いない!o(^-^)o


『 サイレン 』

過去、未来、パラレルワールドを扱う物語は本当に大好きです。
本当にどう展開するのか、無数にある選択肢の中、どのラインに移行していくのか。
今後の展開が物凄く楽しみです。



『 賢い犬 リリエンタール 』

リリエンタール、本当に優しい子です。(ToT)
マリーに そっと手を添えるところなんか、本当に。
でも、この調子で行けば、日野家は着実に、ますます本格的な不思議ハウスと化していきますね〜(笑)。



『 黒子のバスケ 』

この物語も本当に好き、登場人物達に説得力が有って面白いです。
とりあえず、冒頭の 「 サルスか!!! 」 「 サルとはなんなのだよ!! 」 のやり取りにウケました(笑)。
でも、火神君の足の怪我、なんだか嫌な事になりそう。


『 めだかボックス 』

もっとイヤな感じのダークさになるのかと不安でしたが、恐れていたラインには流れずに、ちょっと安心(笑)。
といっても、その違いの境界線を具体的に説明することは出来ないのですけど。(;^_^A
この先、ビックリ人間のオンパレードになるのでしょうか(笑)??
まずは、このめだかちゃんのお兄さんのマグロ…もとい、真黒さん、この人が、どんなビックリ人間なのかが、楽しみです(笑)。


以上、まずは遅ればせながらのジャンプの感想更新でございました〜〜!(^0^)
posted by 水月 雪勢 at 19:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

少年サンデー 2009 46 ピックアップ☆フォー

余りにも遅すぎますが、サンデーの感想です。(;^_^A



『 境界のRINNE 』

翼くんの、聖書コーナークラッシュにウケました(笑)。
高橋先生の、こういうノリと笑い、本当に好きです。(^.^*)
りんねったら、10万円…まあ、正確にはカマ分を引いて9万5千円を前に、あんなにイイ表情をしていたのに…!!
この結末は、ふふ…不憫すぎる。。(;´▽`)



『 史上最強の弟子ケンイチ 』

千影ちゃんが可愛すぎ(笑)!!
わたあめ のところで、メルヘン子供モード炸裂状態から我に返り、わたあめ=溶解した砂糖を糸状にしたもの、と分析的自分を取り戻し、ガックリきてるコマは、本当に可愛かったです(笑)。
でも、大きい わたあめ貰って、それがどうやら美味しかったみたいなので、良かった(笑)。
流石の千影ちゃんも、弱点を突く巧妙な新島の策略には、見事に乗っちゃいましたね。
さて、んで、なっち ですが…。(ToT)
ほのかちゃんとの約束は律儀に守って折角お祭りに来たのに…。
ここでYOMIとカミングアウトするのでしょうか?
ケンちゃんも やっぱり新島の言うとおり、うすうす気付いてるはず。
どうなっちゃうんでしょう???(ToT)



『 オニデレ 』

この占いのおじいさん すっごいイイ味出してます(笑)。
それにしてもユナさん、大変な人を好きになっちゃいましたねえ。(;´▽`)
カニとエビには もうビックリです。(;´▽`)
正くんに どうやら下されるっぽい、最後の渾身の占いの行方が、本当に興味深い。
正くんを小さい頃から知ってる、って どういうことなのかしらん??
何だか物凄くワクワクするヒキです。



『 アーティストアクロ 』

クラウンが、本当に怖い。
現実社会でも、子供=純粋、と思い込むのはマチガイ、と時々 本気で思います。
最初から性根がビックリするほど邪悪な子って、いるもの。
それがアタマ良いと、クラウンみたくなるんでしょう。
ジロー、とっさにクラウンとヴルーに利用された、と思ったようですが、正確には、クラウンの心理誘導による策略に乗せられ、クラウンがヴルーの能力を我が物にするための手助けを してしまった、でしょう。
どこかで、それはしてはならないこと、と知っていながら、功名心に勝てなかったジロー。
とっさにヴルーを加害者扱いしてたけれど、いやいやヴルーは貴方の功名心の被害者でしょう? と思わずにはいられません。
ここにアクロは、どう絡んできているんでしょう?
来週も楽しみです。
それにしても、マルルは本当に優しいイイ子だ。(ToT)
率直でカワイイ!!(ToT)


さてさて、もう明日がジャンプの発売だと言うのに、随分と更新が滞りました。
ちょっとイレギュラーが重なってしまい…。(>_<)
もっとタイミングを大事に更新していけたらなあ〜〜。

そんなこんなで、お休みなさい!!m(_"_)m
posted by 水月 雪勢 at 23:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

少年はジャンプ 2009 46 ピックアップ☆ワン

さて、3連休ですね〜なんて言いながら、それが土曜日にジャンプが発売されることを意味すると気付くのに、少々時間が かかりまして(笑)。


そんなこんなで、ジャンプの感想です!(^0^)


『 賢い犬 リリエンタール 』

初回にリリエンタールの助けた黒服の男が、スッゴイ笑えます(笑)。
何なの このカワイイ人は(笑)。
銃を取り上げられて完全に挙動不審で覗きをしてる最中だというのに、リリエンタールのスーパーうちゅうねこ を見て、チョット変だと思いつつも あやして抱っこしようとしてたし、「 血も涙もない虎 」 から とっさに守ってあげてるし(笑)。

ってか、この 「 血も涙もない虎 」  キモ過ぎ(笑)!
てつこちゃん、ある意味 草薙画伯に近い(笑)。

スーパーうちゅうねこ と 血も涙もない虎 の戦いなんて、子供のイマジネーション炸裂な感じのエスカレートっぷりですし(笑)。

んで、結局 危機を乗り越えた後も、スーパーうちゅうねこ に乗り続けている黒服くん。
うちゅうねこ、可愛らしく挨拶してるけど、このまま黒服くんとこの ねこ になっちゃうのかしらん(笑)??

兎に角、こういう展開は笑えて大好きです!

この調子で、少しづつリリエンタールの謎を小出しに、でも確実に、核心に近づいてってくれることを期待します!!o(^-^)o


さて、それから、あとは、めだかボックスが、どんどんダークな方向に流れていってるのが、ワタクシ的には とっても残念。
こういう展開は好きじゃないです。(ToT)
明るく、どこまでも明るく、ただただ日の当たる大通りを型破りに闊歩・疾走する めだかちゃん を、爽快な痛快な気持で ずっと見てたかった。(ToT)
ちょっと個人的に哀しくなってる水月でした〜。(;^_^A

そんなこんなで、以上、46のピックアップ☆ワンでした!m(_"_)m
posted by 水月 雪勢 at 22:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

少年サンデー 2009 45 ピックアップ☆フォー

さて、そんなこんなで、サンデーの感想です!


『 史上最強の弟子ケンイチ 』

やっぱり、ほのかちゃんにとって、なっつん改め なっち は、そして、なっちにとって、ほのかちゃんは、とても大事な人間なんですよね。

なっちの置手紙1つで、彼の身に何かが起こっている、ということを直感する ほのかちゃん。
そして、一瞬意識が飛んだ時に、妹の次に ほのかちゃんの幻を見る なっち。

その走馬灯の中に、トリとして登場して、なっちを覚醒させピンチを救うケンちゃんの幻。
これはケンちゃんが、心から、そして一途に、なっちという人間が好きだということ、心から信頼し続けていること、そしてそれを素直に表現し続けていること、そしてその心を、なっちが本当によく解っている、ということの証でしょう。
なっちも たいがいツンデレ系ですからね。
そして、この死闘の中で、ケンちゃんの闘いのことを想い、彼と同じ方法で自分を完璧に立て直した。
そうやって勝利し、結果、完全にケンちゃんの敵となってしまう。

それって なんか、切な過ぎる。。(ToT)

そして、槍月は なっちに、絶招を授けていたのですね。
完全な弟子として。

馬 兄弟と、その弟子達。
お互いにお互いを認め合った者同士が完全に敵に??

どうなっちゃうの?コレって。(ToT)
どうか、哀しい展開だけにはならないで欲しいです。

そして、何気に気になったのは、なっちの 「またな」 の字が、字が…。
すっげえ上手かった!!(゜ロ゜;)


『 いつわりびと◆空◆ 』

何がツボに はまったかって言いましたら、扉絵です(笑)。
改めて薬馬さんは、完全にオカンなのですね(笑)。
すっかりポチは おかーさま って呼んでますし。

さて、この悪党、多分、最初に嘘を仕掛けた時から、本当に体調崩しかけていたのでしょう。
意識的にか無意識でかは分かりませんが、多分、薬馬さん、異変の影を直感したんだろうと思います。

私、薬馬さんの、医者としてのスタンスが大好きなんですね。
施術者として、こう在りたいな、見習いたいな、と思わせる言動が、本当に多いので…。
私がオンナなら(いえ、生物学的には女なのですが(笑))、空さんも良いけど、薬馬さんに行きますねぇ(笑)。

こんなに素敵な人なんだから、閨さん、役立たずとか言わないであげて(笑)!!(;´▽`)


『 金剛番長 』

う〜〜ん、卑怯番長がカッコ良過ぎる!!
卑怯番長って、卑怯というより、緻密な戦略が得意なのよね。
いつも、ここぞという時に、正確な動きをしている、頼もしい番長さん。
しかもイケメンとくれば、もうサソリ番長と仲良くなって欲しいです、いえマジで。

卑怯番長のことですから、上手く戦略的に、居合番長のマインド・スナッチャーを破壊してくれると思います。
双方、なるべく無傷に近い状態で展開しますように!


『 ジオと黄金と禁じられた魔法 』

この作品の世界の、世界観・価値感が、どんどん臨場感・説得力を増しています。
サザ、ジオ、リィン、彼らのキャラクターも、それぞれ個性が際立っていて、とても素敵。
更に、仮面の長髪の男。
なんなんですか!!この迫力、威圧感、凄み!!
そして、それが表現されちゃってるんですね、画力で。
次回も本当に楽しみです。

posted by 水月 雪勢 at 01:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

少年ジャンプ 2009 44&45 ピックアップ☆ワン

そんなこんなで、えらい遅れようです!!m(_"_)mあせあせ(飛び散る汗)

遅れすぎの44、45の各々のピックアップ☆ワン、参ります。(;^_^A


『 PSYREN - サイレン - 』

今回、何と言っても、驚いたのは、アゲハの父上殿でございます。

若っ!!!(゜ロ゜;)
そして、ひどくカッコイイッ!!(゜ロ゜;)
ちょっと ぶっ飛んだ紳士、と言いましょうか。
妙に素敵です。

それに通信の空手でアゲハより強くなるって、どんだけ凄い才能ですか。
運動音痴って、嘘でしょうっ!?
う〜〜ん、こんな47歳になりたいものです。
さて、このお父さんも、何らかの形で、謎の中心の一部を知っていそう。
もともと見かけどおりで穏やかだったお父さんが、アゲハと向き合うために強くなった…、というのもあると思うのですが、謎の一部と絡んでいる、ということも関係あるんじゃないかしらん?とか、勘ぐってしまいます。

そして、エルモア・ウッドの子供達の今と未来、もしかして、パラレルワールドとして もう交わらない未来となるかも知れない、頼もしく成長した子供達と、今の姿を重ね合わせるシーンは、何だか切なくて感動的でした。
プラス、雨宮さんの「ドスケベ変態」のツッコミが笑えまして、そのコントラストなんかも良かった(笑)。

45に入ると、その雨宮さんが、随分心配な展開となっていますが…。

そもそも、こういう物語って 設定が難しい分、どの切り口から どの順番・時系列で、誰の視点から、どう見せるか、によって、全く同じ物語でも、読み手の理解や面白さが大きく変わってくる 大変な物語だと思います。
作品として具現化するのに、膨大なエネルギーを要すると思うのですが、兎に角、私は こういう設定の物語は大好き。

展開が楽しみです。



『 賢い犬 リリエンタール 』

もう、ヤバイ(笑)。
この、リリエンタールが唇を合わせてニコッと笑った時のキモさが、すっごい笑えます(笑)。
う〜〜ん、キモイ(笑)。チョットだけブルッと来る(笑)。
それに、リリエンタールの、“ごむぞう” という、ネーミングセンスも たまんない(笑)。
ゆくぞ ごむぞう!って、一体どこに行くつもりだったの リリ君(笑)?

ただ、この、とても素直で良い子のリリエンタールが、てつこの精一杯の意地悪で作られた、犬 と書かれたダンボールのお家を見て、心から喜んだシーンは、本当に切なかったです。(ToT)
リリエンタール、この子は、きっと どんな酷い扱いを受けても、明るく素直に受け入れて、一生懸命に過ごしてきたに違いない、そう思うと。
てつこちゃんも、きっと同じような切ない気持に襲われたのでしょう。

う〜〜ん、早く、リリエンタールの ゆえん が知りたい…けれど、暫くは、リリエンタールによって巻き起こる騒動が描写されていくのかしらん??
気の早い私は、リリエンタールの ゆえん が、知りたいのですな〜(笑)。
posted by 水月 雪勢 at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

少年ジャンプ 2009 43 ピックアップ☆ツー(笑)

はい、余りにも遅すぎるピックアップ☆ツーです。(;´▽`)
えっと、前回が抜けたので、前回 書く気満々だった、リリエンタールの感想も込みで(笑)。

すっかりピックアップの数が自由な感じになって参りました〜。(;´▽`)



『 べるぜバブ 』

いえ、本気で笑っちゃいました。
男鹿君の脳内の図に(笑)。
そして その脳内の図に、男鹿君自身が、
何考えてんの!?まじで何考えてんのオレ!!?って呆然してるトコに(笑)。
なんか、私、この作品のノリやテンポ、言語センスが とっても好きみたい。
兎に角、この後に男鹿君、爽快なまでに暴れてくれるだろう と思うと、今からワクワクします(笑)。
それに、何気に動物や小さき生き物が大好きっぽい東条さん。
何だか滅法強いけど、実は優しい人 っぽい(笑)。
今後、彼と男鹿君が、どういう風な関係性に発展するのか、にも興味があります。




『 賢い犬リリエンタール 』

動物がしゃべる、という設定は、動物好きにとっては まさしく夢の設定です!!

…しかし、眉毛が輪郭線を越えてしまっていて、鼻がデカく、しかも上唇と下唇が非常に主張している犬、リリエンタール(笑)。
なんか、ビミョーに… か…可愛くない(笑)。

コレが、空(うつほ)さんちのポチ(=サンデーの『いつわりびと◆空◆』参照(笑))くらいに究極的に可愛ければタマランのだけれど、そうなってくるとストーリーが生きてこないかぁ〜(笑)。
このビミョーなブサイク感が、多分リリエンタールの個性を一番生かすんだろうと思います(笑)。

リリエンタールの力、初回の時に、いきなりバスが海の中にいたページには本当に驚いて、ワクワクしました。
この、リリエンタールの力については…というか、そもそもリリエンタールというのが本当に犬なのかどうか(なんて言ってしまったらタイトルが死にますが(笑))、色々と不思議ですし、この設定は、てつこちゃん達のお父さんとお母さんが何をしている人達なのか、等の鍵も握っているのでしょう。
この不思議が、とても絶妙な小出し加減で、スリリングに解き明かされていくことを、心から期待します!!
posted by 水月 雪勢 at 21:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

少年サンデー 2009 42・43 ピックアップ☆フォー(笑)!

さてさて、相当な遅ればせながら、ですが、サンデーのピックアップ☆フォーでございます。
今回は、間違わずにフォーで。(;´▽`)



『 境界のRINNE 』

桜ちゃんの性格、なんでしょうか??
この穏やか且つ動じない、且つ 冷静な判断力には、いつもながら目を見張ります(笑)。
翼脳内の要素をコントロールしちゃう この力量なんかも、素晴らしい(笑)。
あと、なんともまったり・ゆるりとしつつも、テンポがとても良いところも、たまりません(笑)。
桜ちゃんのチラ見 ⇒ サイフをガン見、なんかも軽快で笑えますし(笑)。
んで、結局、臼井君が感謝を込めて上がっていったのを見届けたのも、桜ちゃんですね。
ホント、りんねの見立てどおり、桜ちゃん、除霊、浄霊のお仕事の資質、スッゴイあるのかも(笑)。



『 神のみぞ知るセカイ 』

何だか、凄く切ない展開でした。(ToT)
おばあちゃんの、1人に戻っていく過程を受け入れる姿勢、孤独感を自然に受け入れる姿勢が、とても切なかった。(ToT)
1人が寂しい、と思いながらも、それを受け入れて、しかも孫の問いには、心の底から幸せに決まっていると言い切れる 素敵なおばあちゃん。
なんか、涙が出ました。
そして、そのこと全てを、完全に理解している桂馬。
もともとの潜在的なキャパも大きいんでしょうけど、桂馬って、やっぱり駆け魂を集めることで、どんどん成長してますよね。
そもそも、ゲームって、人の進化の過程のシミュレーションを 相当含んでますし。
正しく使えば、成長を促す補助ツールにもなり得るんじゃないかしらん?
と改めて思ったりしてます。



『 絶対可憐チルドレン 』

薫ちゃんの、皆本さんネチネチいじめの様子に笑いました(笑)。
って、コリャここまでいくと笑い事じゃ〜ないですが。(;´▽`)
まあ、それはさておいても、皆本さんのKYと間の悪さは、ほんまにレベル超えてますね。。
こりゃ巻き込まれた他の4人は生きた心地しないでしょう(笑)。
呼吸とか、もうツギツギの荒れ荒れじゃん(笑)。(;´▽`)

ふと過去に思いを馳せますと(笑)、自然と思い出される アノ事件。
皆本さんのKYを初めて目の当たりにした、あの葵ちゃんとのデートです。
アレには本気でドン引き、ビックリ仰天でした。
皆本さんって、こんなんやったんや…!!って、正直 唖然。
特に宇宙食のくだりでは、ただただ絶句(笑)。
コレを多感な十代の子にやっちゃうか?!と、皆本さんの人間の把握を、修正致しました(笑)。

で、そこから考えてしまったわけなんです。
子供の時なら、今のままの皆本さんでいい。
だって、お母さん要素は完璧なんですから。
でも、大人になっても、お母さんなままの皆本さんだったら、どうなんだろう?
関わっても関わっても、お母さんのまま、のれんに腕押しみたいだったら、きっと好きであればあるほど、切ないに違いない。
そりゃ、チルドレン、兵部さんのパンドラに行っちゃうよな〜、と。
だって、兵部さんは、その辺、完璧ですもん。
不二子さんが皆本さんに、さかんに「チルドレンと出来ちゃえ!」って言う理由が、あの時 私、やっと分かったんですよね。

その事件を髣髴とさせる、今回のこの展開。
どう切り抜ける?!皆本さん!!頑張ってオトコ上げたって!!
3人のためにも!!!



『 ジオと黄金と禁じられた魔法 』

いや〜〜〜、自分で予想したとおりなんです。
もう、今や、この絵と線が大好きなんです。
勿論、ストーリーも。
ジオの禁呪発動の迫力と臨場感も凄いですし、私の願いどおりにサザが生きていてくれた、この展開にもワクワクします。
サザ、どうやってお腹の大穴、塞いだのかな???
兎に角、すっかりお気に入りマンガとなりました。
続きが本当に楽しみです!



以上、ピックアップ☆フォーでした。

…フォーですよね??

うん、フォーでした(笑)!!
posted by 水月 雪勢 at 23:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魅惑する物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。